Happy Day♪ 納車報告7!


HappyFamily!



11/1(土)は山梨県南アルプス市にお住まいの中込さんのHappyDayです。

2003年6月 発表とほぼ同時に契約したニュービートルカブリオレ('04年式)、しかもボディーカラーは一番人気とも言われるハーベストムーンベーシュです。『ボディーカラーと内装がマッチして落ち着いた雰囲気があり、また家内の希望色でもありました』と話されるように、実はこのNBカブリオレ 中込さんの奥様の愛車になる予定なのです。

この日は朝からよく晴れわたり、まさにカブリオレ日和な一日でした。
奥様、娘さんと一緒に午前10:30 DUO山梨中央に到着すると、エントランスにはオーナーを待ちわびているカブリオレが1台そこには居ました。その品の良さに皆が感動し、暫し入口で見惚れる程だったと嬉しそうに話してくれました。

ショールームで一通りの説明を受けた後、奥様が操作説明を受けていらしたようですが、前愛車のフィガロとはかなり勝手が異なり、ボタン類が多い為か苦戦されていた様子です。

ディーラから帰宅しても逸る気持ちを抑えきれず、再度午後には一路紅葉の始まった昇仙峡を目指していざ峠道へ。
峠道をDレンジのままだったものの、その快適な走りは、娘さんのユーノスロードスターにも負けないくらいの快適さで、改めて定評ある6速ティプトロの完成度の高さ、そしてドイツ車VWの品質を思い知らされたようです。

『ビートルは、人生を楽しくさせますね。家内は、運転に不安を持っているようですが、もうしばらくすると、この車の楽しさ、安全性、国産にはないしっかりした造りなど痛感する事と思います』と、中込さん このニュービートルカブリオレ 大満足のご様子です。

では、お待たせしました。中込さんのニュービートルカブリオレの納車風景をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 



長年お世話になったフィガロとの別れ...


中込さんに、ニュービートルカブリオレに決めた理由を尋ねると、次のような回答が返って来ました。
『誰もが乗っていない車で、かつオリジナリティーのある車だということと、長期間乗っても古さを感じさせないフォルクスワーゲンの車であること。そして、若者から年配者まで誰でも似合う車がカブリオレであることからです。また娘がユーノスロードスターで、家内が今までフィガロでやはりオープン。どうも我が家は人とは違った車が欲しい性格のようです。余談ですが、うちではゴールデンレトリーバーの親子がいるのですが、この2人をカブリオレに乗せて紅葉の八ヶ岳周辺や長野方面へのドライブを計画しています。オープンにしておくことで、家に帰ってからの掃除も楽だと思います。この点も購入の決め手ですね。』

ゴールデンレトリーバ−ですか。昔からワーゲンと犬は絵になりますし、一緒に高原へのドライブ!本当に楽しそうですね。
またこの度、愛着があったフィガロとはお別れになってしまいましたが、これからはフィガロの分まで、このNBカブリオレ何時までも中込さんご家族の一員として可愛がってあげてくださいね。

この度は納車、本当におめでとうございました。

Let's love VW!